上田支店>お問い合わせ

0268-75-8798

長野支店>お問い合わせ

0120-175-481

CASOL 仕様一覧

コミコミ価格(35.00坪)2,180万円~(税込)

35年のローン返済例 月々

※流通系銀行35年変動金利0.52%
※借入額2,180万円の場合[別途諸費用あり]
※当初5年の返済金額の目安です。条件により異なる場合がございます。

CONCEPT

放射冷却で北海道よりも寒い日を記録した長野。
だから「暖かさを」最重要視した家を作りました。

「長野・上田で氷点下23.9度…。」2019年1月10日に全国ニュースになった記事のタイトルです。長野県は全国の統計データを見ても、5本の指に入る極寒地域です。しかしながら、この地域に建てられる家はすべて高断熱の家か?というと、そうでもなく、まだ「シングルガラス」を使っている家も数多くあります。また暖房が効いているのは自分の部屋だけで、廊下やトイレ、玄関は寒いままなので、「ヒートショックが怖い」というご意見はお客様からよく聞くお話です。ハーバーハウスではこの極寒地の家づくりに一石を投じるべく、特に断熱性を重視したモデルを新プランとしてリリース。「春を約束する家」をコンセプトにオリジナルのパネル工法を用いて長野の皆様に暖かい家をご提供いたします。

feature

デポロ・サーモパネル工法は
「サーモ(温度)をデポ(保存)する」という意味を込めた
ハーバーハウス長野・上田のオリジナル工法です。

特徴1

ウレタン×フェノールフォームによるW断熱
隙間なく施工できるパネル工法を採用

春を約束する家CASOLは省エネ地域区分「I」に対応。つまり北海道や青森地域と同等の断熱基準で作られます。この高い断熱基準を満たすためにハーバーハウスでは、断熱性能に優れた「高性能発泡ウレタン」と「フェノールフォーム」に注目し、この2つを重ね合わせて作ったパネルを開発。このパネルを隙間なく入れ込むことでで断熱性・保温性に長けた家づくりを実現することが可能となり、断熱性能を示す数値であるUA値は0.41、家全体の隙間相当分を表すC値は1.0以下と住宅性能でも群を抜く仕様設定となっております。「自分の部屋だけでなく、玄関もトイレも全部が暖かい家」「ヒートショックが怖くない家」「光熱費をぐんっと抑えられる家」CASOLがすべてお応えいたします。

特徴1

特徴2

特徴2

パネル工法のメリットは断熱だけにあらず!
耐震・耐風・耐火性UP、工期短縮による
ローコスト化も。

工場でパネルをカットし現場に持ち込むことにより、工期の短縮とそれによる人件費低減を実現。また、断熱・保温性だけでなく、隙間なくこのパネルを入れ込むことにより、家の隙間を最小限に留めることにも成功しました。さらにパネルは耐力面材なので面で揺れる力を分散させるため地震に強く、準不燃材料のダイライトを使うことで防火性にも優れています。このオリジナルパネルを使い、断熱性や気密性を高めた工法を併せて、ハーバーハウスでは『デポロ・サーモパネル工法』と呼んでいます。

spec

熱交換型換気システム

熱交換型換気システム

室内の温度を下げることなく換気可能!

カビを増やさないために室内の空気の循環は必要。しかし、せっかく温めた部屋に冷たい外気をいれるのは経済的にも不効率。そこでCASOLでは熱交換型の換気システムを採用し、外の空気を室内の気温に合わせて取り入れます。機械式の換気なので24時間新鮮な空気を保つことができ、コロナ時代においては必須アイテムといえます。

樹脂サッシ×トリプルサッシ

樹脂サッシ×トリプルガラス

世界基準のオール樹脂サッシを採用

熱が逃げる原因の多くはズバリ「窓」。せっかくエアコンで快適な温度にしても、なかなか温まらない、涼しくならない・・・では困りものです。もちろん冷暖房費だってかさみます。そこでCASOLは、世界基準のオール樹脂サッシ「トリプルスマージュ」を採用。高い断熱性能の樹脂サッシとトリプルガラスで、トップクラスの暖かさを実現しました。

樹脂サッシ×トリプルサッシ
寒冷地専用玄関ドア

寒冷地専用玄関ドア

北海道地域と同等レベルのドア採用

「玄関が寒いのは仕方がない」そう思っていませんか?外の空気が通りやすい玄関ドアも性能が重要です。CASOLは、北海道の過酷な環境にも耐えうる断熱性能K1.5のドアを採用。玄関から暖かく、暖房の熱を逃がしません。

矢印

CASOL 住宅性能

UA値0.41以下

C値1.0以下

北海道エリア以上
住宅性能!

ハーバーハウスは地域の気象条件や土地の状態に合わせて1棟1棟個別に温熱計算を行っております。長野は冬場の気温が0℃以下になる日数が多く、家の断熱性や気密性などはより高いものが求められる地域です。図1の日本地図は、全国の区分とUA値地域基準を示したものです。

省エネルギー基準
インナーガレージ 耐雪イメージ

UA値とは外皮平均熱貫流率のことで、家の断熱性能をあらわした数値です。
寒い地域ほど数値の低い家(高断熱)が必要となります。

これによると長野県は区分4に分類されており、長野県で家を建てる場合はUA値が0.75以下が望ましいとされています。

日常的に氷点下になる長野の冬の事を考えて、CASOLでは北海道のUA値0.46を上回る高断熱UA値0.41を基準としております。

ハーバーハウスのこだわり
どこまで自由?
どこまでも自由!

誰かと一緒はつまらない。
「らしさ」をカタチにしたデザイン住宅

最近、インスタでカッコいい家、カワイイ家、いろいろな家が画面を飾っています。お隣と同じような形が決まった家はつまらない。だから建売ではなく、注文住宅を選ぶ人は増え続けています。ハーバーハウスの住宅完成見学会(オープンハウス)に訪れたお客様から「自由設計でどこまで自由にできるんですか?」とよく聞かれます。答えは「全部、自由!」です。「玄関はこの大きさしかできません。」「階段はこの位置からずらすことはできません。」など、自由設計と謡っているメーカーの中には制限を設けている会社もありますが、「理想をカタチに」を合言葉に、お客様の家族構成やライフスタイル、将来像まで考慮して、「お客様らしさ」が活きる最適なプランを描き、ご提案しています。

コンセプトイメージ

CASOL 参考ベースプラン

価格2,180万円(税込)の参考プランとなります。自由設計なのでプランは自由に変更できます。

PLANNING

延床面積
価格プラン

ウィルス&花粉対策
(オプション)

おかえり手洗い場

おかえり手洗い場

玄関ホームに手洗い場を設置

玄関ドアから手洗い場までいくつのドアを経由していますか?触った場所を毎回除菌するより、玄関先に手洗い場を作ったほうが、何かと便利です。新型ウイルスを家の中に持ち込ませないために、「おかえり手洗い場」はいかがでしょうか?

おかえりクローク

おかえりクローク

花粉を室内に持ち込ませないために

コートやカバンに付いた花粉を室内に持ち込ませないために、玄関脇に収納するスペースを確保。これなら部屋に花粉が入る心配はありません。

おかえりクローク
宅配ボックス

宅配ボックス

非対面。防犯対策にも効果的

留守にする機会が多いお宅などで宅配ボックスを利用する方が増えてきましたが、最近はウイルスの感染防止策として備え付けたいという声が高まってきています。荷物を受け取る際、玄関を開けずに済むため、防犯の面でもメリットがあります。

ハーバーハウスのこだわり
高額な商品だからこそ
明瞭会計で!

コミコミ価格表

脱!グレー価格表示!
ハーバーハウスはコミコミ価格表示!

家を建てるにあたっては、本体工事費以外にも様々な費用がかかります。一般的に住宅の価格は「本体価格」や「坪単価」で表示されることがほとんどですが、 何がどこまで含まれているのか?またその他費用がどのくらいかかるのかが明確でなく、プランを進め、いざ見積もりを取ったら予算オーバーに・・といった話もよくお聞きします。 ハーバーハウスでは、お客様が安心して家づくりをご検討いただけるように、 地盤改良工事、外部給排水工事、外構工事、全室照明はもとより、消費税まで、すべて含んだ安心のコミコミ価格でご提供しています。

価格に含まれるもの

システムキッチン
システムキッチン
システムバス
システムバス
洗面化粧台
節水トイレ
LED照明
高性能樹脂サッシ
網戸
吹付断熱
床下収納庫
24時間換気
エコキュート
オール電化
土台ヒノキ
玄関収納
外水栓
ポスト口
駐車スペース塗装
収納棚
配管工事

構造にかかる費用もコミコミ

屋内外給排水工事
仮設工事費
電気配線工事
耐震
構造計算
地盤改良
断熱性能

ハーバーハウスのこだわり
木造3階建てレベルの
構造計算
を全棟に!

自社内に構造計算だけの専門チームを有し、
国のお墨付き「設計住宅性能評価」をクリア

住宅は、1棟1棟、立地条件や間取りが異なりますので、丈夫な家を建てるには、個別に正確な構造計算が必要となります。通常、木造二階建て以下の建物は、構造計算書の提出義務がないのですが、ハーバーハウスでは上記の理由から、社内に専任の構造計算スタッフを有し、全棟【構造計算書】を作成、金具1本1本に至るまで確認・検証しています。手間もコストもかかりますが、構造計算で安全性を確認しなければ、柱の位置、寸法、梁の大きさなど決めることができず、必要な耐震基準を満たすことができないからです。地震荷重はもとより積雪荷重や風荷重までも考慮し、地震や風雪に耐える安全・安心な住宅をお届けしています。

構造計算スタッフ

ハーバーハウスのこだわり
基礎工事も寒冷地仕様

不同沈下しない地盤品質を20年保証。
地域ごとに凍結深度も計算して工事を実施!

ハーバーハウスでは、地盤調査・解析の専門企業であるジャパンホームシールド株式会社との連携により、地盤調査・地盤解析に基づく地盤改良工事を実施。20年間にわたり不同沈下しない地盤品質を保証します。

基礎工事のフロー

氷点下を下回る気温に見舞われる地域で基礎工事をする際、「凍結深度」を決める必要が出てきます。浅すぎた場合、基礎の下の部分が凍り、体積が増えたことによって基礎を持ち上げたり、水の配管を通す場所が浅くなることで凍ってしまいます。逆に深すぎた場合は、大きなコスト負担に直結します。浅すぎず、深すぎず、そのラインを決めるのも構造計算ができるハーバーハウスならではのもの。

新商品「CASOL」に関する窓口

お問い合わせはこちら